loading...

Angularの追いかけ方

lacolaco profile image Suguru Inatomi ・1 min read

Angular #2 Advent Calendar 2019の25日目の記事です。

アドベントカレンダー2枚が埋まるほど日本でのAngularの熱が高まっていることがAngularのGDEとしてとても嬉しいです!
この記事ではAngularについてもっと深く知りたい、学びたいと思っている方々向けに、私が普段からウォッチしている信頼できるリソースを紹介します。

Twitter

Angular(@angular)

まずはもちろん公式アカウントです。公式アナウンスは基本的にこのアカウントから発信されます。

@stephenfluin/Angular GDEs

Angular GDEがまとめられたTwitterリストです。

Stephen Fluin(@stephenfluin)

Stephen FluinはAngularチームのDeveloper Advocateです。公式ブログの記事の執筆もおこなっています。彼の個人ブログでもAngularのテクニックなどを投稿しています。

Minko Gechev(@mgechev)

Minko GechevはAngularチームの開発者です。ツール周りやパフォーマンス改善に役立つTipsをよくツイートしています。ちなみに web.dev/angular の執筆はほとんどMinkoによるものです。

Brandon 👨🏿‍💻✍🏿🏀(@brandontroberts)
Mike Ryan(@MikeRyanDev)
Tim Deschryver(@tim_deschryver)

NgRxのメンテナーたちです

Michael Rx Hladky(@Michael_Hladky)

AngularとRxJSのインテグレーションに興味がある方はぜひMichael Hladkyをフォローするとよいでしょう。刺激的な記事やデモなどを時折公開してくれます。

Mike Hartington(@mhartington)

Ionicチームの開発者です。Ionicのことを知りたければMikeに質問すれば快く答えてくれるでしょう。

他にもたくさんフォローしてほしいアカウントはあるのですがキリがないので、ここに挙げた彼らのリツイートなどから見つけていくといいでしょう。

Blog

Angular Blog

公式ブログです。まずはここをウォッチしましょう。

https://dev.to/angular

Angular GDEを中心に信頼できる人たちの記事が集まるdev toのorganizationです。いろんなジャンルやレベルの記事が読めます

ANGULAR INDEPTH

Angular中上級者なら必読のブログです。決して初心者向けではない濃い記事ばかりが投稿されています。

Blogs | juri.dev

Angular GDEのJuri Strumpflohnerの個人ブログです。役に立つ記事がよく投稿されるのでぜひ読んでもらいたいです。

Blog - softwarearchitekt.at

Angular GDEのManfred Steyerのブログです。
ドメイン駆動設計などAngularアプリケーションのアーキテクチャに関する話題が多いので設計に興味があればぜひ読んでもらいたいです。サイトはドイツ語ですがだいたいの記事は英語で書かれてるので大丈夫です。

Netanel Basal – Netanel Basal

状態管理ライブラリのAkitaの作者でもあるNetanel Basalのブログです。ちょっとニッチな機能の使い方など、中級者におすすめの記事がたくさんあります。

Change Log

angular/angular

angular/angular-cli

angular/components

Angularのリポジトリの更新を追うならCHANGELOGやリリースを見るのがよいです。

Podcast

AngularAir - YouTube

ほぼ隔週で更新されているビデオpodcastです。Angular GDEのJustin Schwartzenbergerが主催していて、役に立つネタもあれば実験的なネタもあり面白いです。


年末年始、ぜひAngularを深く学ぶ時間にしてもらえれば幸いです。

Posted on by:

lacolaco profile

Suguru Inatomi

@lacolaco

Japanese Web Front-end Dev / Google Developers Expert for Angular / Lead of Angular Japan User Group

Discussion

markdown guide