DEV Community

loading...
Angular Japan User Group

Event Coalescing to improve performance

JiaLiPassion
・1 min read

Event Bubbling の性能の問題

下記のAngularアプリケーションでのHTMLテンプレートコードを見ましょう。

<div (click)="doSomething()">
  <button (click)="doAnotherThing()">Button</button>
</div>

Event Bubbling のため、DivのなかのButtonをクリックしたら、両方のEvent ListenerがTriggerされます。この2つのEvent Listenerが全部Change Detectionを実行します。実際はこのようなケースでChange Detectionを一回だけ実行したいです。特にこのようなケースがAngular MaterialとかUI ライブラリで結構普通のケースですので、性能改善したいです。

実行順番

まず上記のケースでEvent ListenerとChange Detectionの実行順番を見ましょう。

export class AppComponent {
  doSomething() { // event listener for parent div
    console.log('event listener for parent div');
  }
  doAnotherThing() { // event listener for inner button
    console.log('event listener for inner button');
  }
}

そして、Zone.jsがEvent ListenerをMonkey patchされましたので、下記のような感じのコードになりました。

function eventHandler(...) {
  try {
    realHandler(...); // doSomething あるいはdoAnotherThingのDelegate
  } finally {
    applicationRef.tick();
  }
}

そしたら、Buttonをクリックするとき、実行の順番が下記のようになりました。

event listener for inner button
applicationRef.tick
event listener for parent div
applicationRef.tick

実際ほしいのは

event listener for inner button
event listener for parent div
applicationRef.tick

です。

解決方法

Change Detectionを同期ではなく、非同期で実行することです。

isChangeDetectionScheduled = false;
function eventHandler(...) {
  try {
    realHandler(...); // doSomething あるいはdoAnotherThingのDelegate
  } finally {
    if (isChangeDetectionScheduled) {
      return;
    }
    isChangeDetectionScheduled = true;
    requestAnimationFrame(() => {
      isChangeDetectionScheduled = false;
      applicationRef.tick();
    }); 
  }
}

のような感じのコードでChange DetectionをrequestAnimationFrameのSchedulerで実行させ、そしてもしScheduleされたTaskがあったら、スキップして、なかったら、Scheduleするということです。

設定方法

bootstrapModuleのとき、かきのOptionを設定することができます。

platformBrowserDynamic().bootstrapModule(AppModule, {ngZoneEventCoalescing: true})

副作用

このオプションをTrueにしたら、もともと同期のChange Detectionが非同期になりました、普通のアプリケーションには影響がないですが、Google 内部でのEdge Caseで同期のChange Detectionが求めるテストケースがあるらしくて、それ以外が特に既存のアプリケーションには影響ないはずです。
この機能がすでに最新バージョンで使えますので、なにか問題が発見されたら、ぜひAngular RepoにIssueを提出ください。

以上です。

どうもありがとうございました!

Discussion (0)