DEV Community

loading...

Windows Subsystem for Linux 2でDocker for WSL2を使う

birdsea profile image birdsea Updated on ・3 min read

Subsystem for Linux 2(WSL2)はWindowsからLinuxが使える機能です。

2020年4月にリリースされるWindows10 2004から提供される予定です。
もともと2017年にリリースされたWindows 10 Fall Creators UpdateでWSLが提供されてましたが、そちらは本物のLinuxカーネルを使っておらず、実行できるシステムコールが限られてました。

2は本物のLinuxカーネルが動作します。
Dockerも使えるようになります。
これにより今後はWindowsでもLinuxを使用して開発が行いやすくなると思います。


WSL2のインストール

WSL 2 のインストール手順をもとに実施

WSL2に必要な環境条件は以下

  • WSLを導入済
  • Windows 10 builds 18917 or higher

WSLの導入方法はこちら

2020/03/20時点でWindows10 builds 18917はWindows Insider Program(slow or fast)に加入しないとアップデートできない。

  1. Windows Insider Programに加入する

    Windowsメニューから設定 > 更新とセキュリティ > Windows Insider Programより加入する。
    Windows_Insider_Program_1
    Windows_Insider_Program_2
    Windows_Insider_Program_3
    Windows_Insider_Program_4
    Windows_Insider_Program_5
    Windows_Insider_Program_6
    [スロー]か[ファスト]を選択
    Windows_Insider_Program_7
    Windows_Insider_Program_8
    Windows_Insider_Program_9

  2. Windows Updateを実施する

  3. WSL2を有効にする

    設定 > アプリ > アプリと機能 > オプションから「Windowsのその他の機能」リンクをクリックする。
    Activate WSL2_1
    Activate WSL2_2
    以下のチェックをONにする。
    - Linux 用 Windows サブシステム
    - 仮想マシン プラットフォーム
    Activate WSL2_3Activate WSL2_4

    PowerShellを管理者権限で起動し、以下を実行する。

    > dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart
    > dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart
    

    その後、再起動する。

  4. Microsoft StoreからLinuxをインストールする

    後述のDocker Desktop for WSL 2が使えるのはUbuntu 18.04 LTSのみの模様。(Storeには「Ubuntu」もあるが、そちらは対応していない)

  5. Ubuntu 18.04 LTSをダウンロードしたら起動する

    起動後にインストールが始まり、ユーザ名とパスワードを入力し、ユーザを作成する。

  6. PowerShellを起動する

    # インストールしたディストリビューションの一覧を表示する
    > wsl -l
    Linux 用 Windows サブシステム ディストリビューション:
    Ubuntu-18.04 (既定)
    
    # WSLの状態とバージョンを確認する(VERSIONが1はWSLということです)
    > wsl -l -v
      NAME            STATE           VERSION
    * Ubuntu-18.04    Stopped         1
    
    # Ubuntu-18.04をWSL2用に変換する
    > wsl --set-version Ubuntu-18.04 2
    
    # WSL2を標準設定とする
    > wsl --set-default-version 2
    WSL 2 を実行するには、カーネル コンポーネントの更新が必要です。詳細については https://aka.ms/wsl2kernel を参照してください。
    

    上記のメッセージの通り、WSL 2 Linux カーネルの更新へアクセスし、更新プログラムをインストールする。インストール後、以下を実行する。

    # WSL2を標準設定とする
    > wsl --set-default-version 2
    
    # WSLの状態とバージョンを確認する
    > wsl -l -v
      NAME            STATE           VERSION
    * Ubuntu-18.04    Stopped         2
    
  7. Ubuntuを起動/停止する

    # 起動する
    > wsl -d Ubuntu-18.04
    To run a command as administrator (user "root"), use "sudo <command>".
    See "man sudo_root" for details.
    
    # フォルダ階層は以下になる
    $ /home/user/ ← 登録したLinuxユーザのhome
      /mnt/c ← WindowsのCドライブ
      /mnt/d ← WindowsのDドライブ
    
    # Windowsに戻る
    $ exit
    

これでWindowsからLinuxが使えるようなりました。

WSLはWindowsからシームレスにシェルを使え、VirtualBoxやVMWareのようにOSが起動する時間を待つ必要もありません。


Docker Desktop for Windowsをインストールする

  1. Docker Desktop for Windows(Edge)をインストールする
    ※Edgeは安定版とは異なり開発中の機能が入ったバージョンです

  2. メニューバーにDockerのアイコンが表示されるので、[Settings]を選択する
    Docker_Desktop_for_Windows_1
    Docker_Desktop_for_Windows_2

  3. Settings画面が表示されるので、以下を確認する

    • Dockerのステータスがrunningになっていること
    • Use the WSL 2 based engineのチェックボックスがONになっていること Docker_Desktop_for_Windows_3

    また、Resources > WSL INTEGRATIONを選択し、Enable integration with my default WSL distroのチェックボックスがONになっていることを確認する
    Docker_Desktop_for_Windows_4

  4. DockerがWSL2 based engineで起動されていれば、Dockerコマンドを実施すると、上記でインストールしたWSL2のUbuntuにDockerコンテナが作成されるようになる

    PorwerShellを起動し、Dockerコマンドを実行することができる。
    Ubuntuのほうでもdockerコマンドの実行ができる。

    # powershellでdockerコマンドを実行
    > docker run hello-world
    
    ...
    
    Hello from Docker!
    This message shows that your installation appears to be working correctly.
    
    > docker ps -a
    CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS                      PORTS               NAMES
    0629bbd84b50        hello-world         "/hello"            22 seconds ago      Exited (0) 20 seconds ago                       mystifying_almeida
    
    # WSL2に切り替える
    > wsl -d Ubuntu-18.04
    
    # Ubuntuでdockerコマンドを実行
    $ docker ps -a
    CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS                      PORTS               NAMES
    0629bbd84b50        hello-world         "/hello"            22 seconds ago      Exited (0) 20 seconds ago                       mystifying_almeida
    

    WindowsとUbuntuでコンテナが共有されていることが確認できる。


Docker Desktop for WSL 2を使うと、このようにWindowsからDockerコマンドを実行して、LinuxのDockerコンテナを操作することができます。


4/11追記
DockerComposeは、PowerShellからは実行できないようです。(実行してもLinuxのコンテナとならない)。Linuxのほうで実行すればWindowsと共有できそうです。

5/11追記
Docker Desktop For Windowsの(Edge版:バーション2.3.0.1)で、WindowsからDockerComposeできるようになりました。

こちらのバージョンではWindows10 Home Editionでも動作するようです。
Docker Desktop for Winodwsのバージョンアップに伴い本記事の内容を修正しました。

Discussion (0)

pic
Editor guide