DEV Community

loading...

React + TypeScriptを使ってLIFFを作る

Yuta Goto
hello
・2 min read

Reactjs + TypeScriptでLIFFアプリを試したときのメモです。

コードは以下のリポジトリにあります。

This project was bootstrapped with Create React App.

Available Scripts

In the project directory, you can run:

yarn start

Runs the app in the development mode.
Open http://localhost:3000 to view it in the browser.

The page will reload if you make edits.
You will also see any lint errors in the console.

yarn test

Launches the test runner in the interactive watch mode.
See the section about running tests for more information.

yarn build

Builds the app for production to the build folder.
It correctly bundles React in production mode and optimizes the build for the best performance.

The build is minified and the filenames include the hashes.
Your app is ready to be deployed!

See the section about deployment for more information.

yarn eject

Note: this is a one-way operation. Once you eject, you can’t go back!

If you aren’t satisfied with the build tool and configuration…

LIFFとは

https://developers.line.biz/ja/docs/liff/overview/

LINE Front-end Framework(LIFF)は、LINEが提供するウェブアプリのプラットフォームです。このプラットフォームで動作するウェブアプリを、LIFFアプリと呼びます。

環境

node: v14.5.0
npx: 6.4.1
npm: 6.14.6
yarn: 1.22.4

バージョンを揃えなくとも動くと思います。

React Appをつくる

https://ja.reactjs.org/tutorial/tutorial.html#setup-option-2-local-development-environment
https://create-react-app.dev/docs/adding-typescript/

ReactjsのチュートリアルにあるとおりReactAppを生成するコマンドを実行する
今回はTypeScriptを使用するのでオプションに追加しておきます。

npx create-react-app liff-sample --template typescript

一通り生成できたら動作するかどうかを確認します。

cd liff-sample
yarn start

http://localhost:3000 にアクセスして以下のようなページが表示されたらOK。

Alt Text

LIFFのセットアップ

チャネルの準備

https://developers.line.biz/console/ にアクセスします。

プロバイダーがなければ、新規でプロバイダーを作成します。LINE DEVの記事を確認しながら進めてください。

プロバイダーができたらそれを選択し、新規チャネルを作成します。このときのチャネルの種類は LINEログイン を選択します。

Alt Text
Alt Text

選択したら必須項目を入力する。アプリタイプは ウェブアプリ を選択します。

Alt Text

LIFFの準備

チャネルを作成し終えたらLIFFのページから追加をクリックしてLIFFを作成します。

Alt Text

LIFFアプリを追加のページになったら必要な情報を入力します。ローカル環境でLIFFを試すときは ngrok などを駆使します。

https://ngrok.com/

Scopeは必要なほうを選択します。(LINEログインをがっつり使うとかなければ Profileのみでよいと思います)
LIFFからメッセージを送信する必要があるときは すべてを表示 をクリックして展開して message.write にもチェックを付けます。

Alt Text

LIFFを作成したら LIFF IDをLIFF URLが生成されたのを確認します。
このIDやURLはあとで使用します。

Alt Text

ReactAppに埋め込む

ライブラリインストール

LINE公式のnpmパッケージがあるので追加しておきます。

https://www.npmjs.com/package/@line/liff

yarn add @line/liff

コードの編集

App.tsx を編集します。

import React from 'react';
import liff from '@line/liff'; // 追加
import logo from './logo.svg';
import './App.css';

function App() {
  /* 追加: メッセージ送信 */
  const sendMessage = () => {
    liff.init({liffId: process.env.REACT_APP_LIFF_ID as string}) // LIFF IDをセットする
      .then(() => {
        if (!liff.isLoggedIn()) {
          liff.login({}) // ログインしていなければ最初にログインする
        } else if (liff.isInClient()) { // LIFFので動いているのであれば
          liff.sendMessages([{ // メッセージを送信する
            'type': 'text',
            'text': "You've successfully sent a message! Hooray!"
          }]).then(function() {
            window.alert('Message sent');
          }).catch(function(error) {
            window.alert('Error sending message: ' + error);
          });
        }
      })
  }

  /* 追加: UserProfileをAlertで表示 */
  const getUserInfo = () => {
    liff.init({liffId: process.env.REACT_APP_LIFF_ID as string})
      .then(() => {
        if (!liff.isLoggedIn()) {
          liff.login({}) // ログインしていなければ最初にログインする
        } else if (liff.isInClient()) {
          liff.getProfile()  // ユーザ情報を取得する
            .then(profile => {
              const userId: string = profile.userId
              const displayName: string = profile.displayName
              alert(`Name: ${displayName}, userId: ${userId}`)
            }).catch(function(error) {
              window.alert('Error sending message: ' + error);
            });
        }
      })

  }

  return (
    <div className="App">
      <header className="App-header">
        <img src={logo} className="App-logo" alt="logo" />
        <p>
          Edit <code>src/App.tsx</code> and save to reload.
        </p>
        <button className="button" onClick={sendMessage}>send message</button> // 追加
        <button className="button" onClick={getUserInfo}>show user info</button> // 追加
        <a
          className="App-link"
          href="https://reactjs.org"
          target="_blank"
          rel="noopener noreferrer"
        >
          Learn React
        </a>
      </header>
    </div>
  );
}

export default App;

上記のコード編集とCSSの編集し再度アクセスすると以下のようになるはずです。

Alt Text

PCブラウザではLIFFではないのでボタンをクリックしてもなにも反応がないはずです。(エラーにはなります)

liffの詳しいAPIリファレンスはLINE公式のものを参照してください。

https://developers.line.biz/ja/reference/liff/

LINE上でLIFFを試す。

ローカルのngrokで試す場合は環境変数(上記コードで言う REACT_APP_LIFF_ID )に値をセットします。
どこかのサーバにデプロイするときであっても同様です。
vercelを使用するとかなり手軽にデプロイできて試せます。

https://vercel.com

環境変数などがセット完了し、サーバデプロイなどが終わったら LIFF URLをてきとーなトークルームに送信します。ひとりだけのトークルームを使うと誰にも迷惑をかけずに試せます。

Alt Text

このリンクをタップしたらLIFFが立ち上がるはずです。

Alt Text

send message をタップすると、最初にもろもろ許可してOKかどうかのページが表示されます。

許可したあとにもう一度 send message をタップすると、そのトークルームにメッセージが送信されます。

show user info をタップすると、自身のユーザ名とユーザIDが表示されます。

Alt Text
Alt Text

ここまでできたら、あとはいろいろAPIを試してみたりするだけです。

Discussion (0)