loading...

EC-CUBE 4.0.3 -> 4.0.4 へのアップデート @ OpenBSD

nabbisen profile image Heddi Nabbisen ・3 min read

EC-CUBE On OpenBSD (6 Part Series)

1) EC-CUBE 4: 「データベースの設定」画面で「Malformed parameter "url".」エラー 2) EC-CUBE 4 を OpenBSD 6.4 にインストールする 3 ... 4 3) EC-CUBE 4.0.0 -> 4.0.1 へのアップデート @ OpenBSD 4) EC-CUBE 4.0.1 -> 4.0.2 へのアップデート @ OpenBSD 5) EC-CUBE 4.0.2 -> 4.0.3 へのアップデート @ OpenBSD 6) EC-CUBE 4.0.3 -> 4.0.4 へのアップデート @ OpenBSD

EC-CUBE 4.0.4 が 2020 年 6 月 17 日にリリースされました。
PHP 7.4 のサポートが行われました。さらに Cookie の SameSite 属性への対応なども行われています。

OpenBSD にインストールしていた EC-CUBE を 4.0.3 -> 4.0.4 にアップデートしました。その手順を記します。
公式ドキュメントをもとにしています。

環境

  • OS: OpenBSD 6.7 amd64
  • Web サーバー: OpenBSD httpd
  • AP サーバー: PHP 7.3 (-> 一部 7.4) + PHP-FPM
  • カートシステム: EC-CUBE 4.0.3 -> 4.0.4
  • DB: MariaDB 10.4

4.0.3 -> 4.0.4 変更ファイル一覧

Github で Tag 間の差分を見ることで確認できます:
https://github.com/EC-CUBE/ec-cube/compare/4.0.3...4.0.4?w=1#files_bucket:

差分を整理して、手順用の一覧メモを作成しました:

# 変更フォルダ(= フォルダ内複数ファイル)
app/DoctrineMigrations/
app/config/eccube/
html/template/
src/Eccube/

# 変更ファイル
.dockerignore
.env.dist
.htaccess
composer.json
composer.lock
docker-compose.yml
gulpconfig.js.sample
gulpfile.js
nginx.conf.sample
package-lock.json
package.json
symfony.lock
web.config
Dockerfile
var/.htaccess
app/Customize/Resource/config/.gitkeep
app/Customize/Resource/locale/.gitkeep

# Git の変更履歴はあるが、ダウンロードパッケージには含まれないファイル群
codeception/
tests/
.editorconfig
.github/.htaccess
.github/workflows/action.yml
.gitignore
.travis.yml
README.md

アップデート手順

1. メンテナンスモードを有効にする

$ touch eccube/.maintenance

ファイルバックアップ時のパフォーマンスを良くするために、事前に cache をクリアしておきます。

$ cd eccube
$ # php-7.4 failed on EC-CUBE 4.0.3
$ doas -u www php-7.3 bin/console cache:clear --no-warmup
$ cd ../

2. サイトのバックアップ

$ mkdir eccube-4.0.3-bk
$ cd eccube-4.0.3-bk

$ doas -u www mysqldump -u $DB_USER -p -h $DB_HOST $DATABASE > database-backup.sql
$ gzip database-backup.sql

$ doas tar cfzp eccube-4.0.3.tgz ../eccube

$ cd ../

以降は eccube ディレクトリの中で実施します。

$ cd eccube

3. EC-CUBEのソースファイルをバージョンアップしたものに置き換え

開発時のテスト用途である tests / codeception 関連は対象外です。Github の差分には現れますが、ダウンロードしたパッケージには含まれていません。同様に .git / .travis 関連や LICENSE.txt / README.md も対象外です。

ディレクトリ
$ for x in \
    'app/DoctrineMigrations' \
    'app/config/eccube' \
    'html/template' \
    'src/Eccube' \
; \
    echo $x; \
    doas rm -rf ./$x; \
    doas -u www mkdir -p ./$x/; \
    doas -u www cp -r ~/eccube-4.0.4/$x/* ./$x/; \
    set -l arr 'bin' 'vendor' 'dockerbuild'; \
    if contains $x $arr; doas chown -R $MY_USER: ./$x; end; \
end


備考: for 文 / if 文は fish シェルの記法です。if contains による存在チェックは、事前に配列を宣言する方法と直接配列を指定する方法の 2 通りで書けます。

  1. 事前に配列を宣言する方法

    set -l arr 'bin' 'vendor'
    if contains $x $arr; doas chown -R $MY_USER: ./$x; end
    
  2. 直接配列を指定する方法

    if contains $x {'bin' 'vendor'}; doas chown -R $MY_USER: ./$x; end
    
ファイル
$ for x in \
    '.dockerignore' \
    '.env.dist' \
    'docker-compose.yml' \
    'gulpconfig.js.sample' \
    'gulpfile.js' \
    'nginx.conf.sample' \
    'package-lock.json' \
    'package.json' \
    'symfony.lock' \
    'web.config' \
    'Dockerfile' \
; \
    echo $x; \
    doas rm $x; \
    doas -u www cp ~/eccube-4.0.4/$x ./$x; \
end

4. 個別ファイル差し替え

composer.json / composer.lock
$ for x in \
    'composer.json' \
    'composer.lock' \
; \
    echo $x; \
    doas -u www cp -f ~/eccube-4.0.4/$x ./$x; \
    if contains $x {'composer.json' 'composer.lock'}; doas chown $MY_USER: ./$x; end; \
end
.htaccess
  • .htaccess
    • httpd.conf の条件変更: block 対象を追加 = *.sample
  • var/.htaccess
    • httpd.conf の変更対象は含まれていませんでした。
app/Customize/Resource
$ doas -u www cp -r ~/eccube-4.0.4/app/Customize/Resource ./app/Customize/
その他(私的な都合によるもの)

'app/config/eccube' が今回の変更対象に含まれていますが 'app/config/eccube/packages/doctrine.yaml' に独自の変更を加えていたので、ファイル更新後に差替えました。

5. composer.json/composer.lockの更新

$ php-7.3 bin/console eccube:composer:require-already-installed
$ # Here, updated: php-7.3 -> php-7.4
$ doas -u www php-7.4 bin/console cache:clear --no-warmup


補足: EC-CUBE 4.0.3 でエラーが出ていた php-7.4 によるキャッシュクリア処理が、4.0.4 にアップデートした後は成功するようになりました。
しかしその後の操作や Web ページ描画時にエラーが出たため、php-7.4 への切替えは行なえませんでした。Web ページ描画時のエラーは FileLoaderLoadException: purchaseflow.yaml" does not contain valid YAML: Unexpected characters です。別途詳細を確認する必要が残りました。

6. スキーマ更新/マイグレーション

$ php-7.3 bin/console doctrine:schema:update --force --dump-sql
$ php-7.3 bin/console doctrine:migrations:migrate

7. プロキシの再生成

スキップしました。(4.0.2 -> 4.0.3 へのアップデート時のみ必要な手順です。)

8. フロントテンプレートファイルの更新

対象はありませんでした:
https://github.com/EC-CUBE/ec-cube/pulls?q=is%3Apr+label%3Aaffected%3Atemplate+is%3Aclosed+milestone%3A4.0.4

9. メンテナンスモードを無効にする

$ rm ./.maintenance

10. その他

特別な操作は必要ありませんでした:

4.0.3 -> 4.0.4 のアップデートに特記事項はありません。

以上でアップデートは完了です。

EC-CUBE On OpenBSD (6 Part Series)

1) EC-CUBE 4: 「データベースの設定」画面で「Malformed parameter "url".」エラー 2) EC-CUBE 4 を OpenBSD 6.4 にインストールする 3 ... 4 3) EC-CUBE 4.0.0 -> 4.0.1 へのアップデート @ OpenBSD 4) EC-CUBE 4.0.1 -> 4.0.2 へのアップデート @ OpenBSD 5) EC-CUBE 4.0.2 -> 4.0.3 へのアップデート @ OpenBSD 6) EC-CUBE 4.0.3 -> 4.0.4 へのアップデート @ OpenBSD

Posted on by:

nabbisen profile

Heddi Nabbisen

@nabbisen

An ICT designer/developer and a security monk. "With a cool brain and a warm heart", I am challenging unsolved problems in our society. I use OpenBSD/Rust/etc.

Discussion

markdown guide