loading...
gumi TECH Blog

Elixir入門: Plugを使うには

gumitech profile image gumi TECH ・2 min read

本稿は、「Elixir入門」シリーズの番外編として、Plugライブラリのインストールから立ち上げまでをご説明します。

Plugは、webライブラリやフレームワークを構築するための基盤となるプロジェクトです。Plugライブラリを使うと、開発者はwebサーバーで動く独自のPlugが定められます。ここでは、Plugをインストールして簡単なコードをローカルサーバーで開いてみます。

Plugにはつぎのふたつの役割があります。

  • webアプリケーション間で組み立てられるモジュールの仕様
  • Erlang VMにおける異なるwebサーバー用の接続アダプター

mixでElixirプロジェクトをつくる

まず、mixでElixirプロジェクトをつくります。コマンドラインツールでmix newコマンドに続けて、プロジェクト名のパスを打ち込んでください。

$ mix new my_plug

プロジェクトのパス(my_plug)がつくられて、つぎのようなファイルをつくったことが示されるはずです(図001)。

* creating README.md
* creating .formatter.exs
* creating .gitignore
* creating mix.exs
* creating config
* creating config/config.exs
* creating lib
* creating lib/my_plug.ex
* creating test
* creating test/test_helper.exs
* creating test/my_plug_test.exs

Your Mix project was created successfully.
You can use "mix" to compile it, test it, and more:

図001■mixでつくられたプロジェクトファイル

elixir_plug_001.png

Plugのインストール

アプリケーションのディレクトリ(my_plug)に切り替えたら、ファイルmix.exsapplicationdepsにつぎのように依存関係を加えます。:plug_cowboyは、webサーバーとしてCowboyをPlugとともに使う設定です。

defmodule MyPlug.MixProject do

  def application do
    [

      applications: [:plug_cowboy]
    ]
  end

  defp deps do
    [
      {:plug_cowboy, "~> 2.0"}
    ]
  end
end
  • application: アプリケーションの依存関係を定めます。
  • deps: プロジェクトの依存関係を定めます。

そして、mix deps.getコマンドで依存関係を解決してください。

$ mix deps.get
Resolving Hex dependencies...
Dependency resolution completed:
New:
  cowboy 2.6.1
  cowlib 2.7.0
  mime 1.3.1
  plug 1.7.1
  plug_cowboy 2.0.1
  plug_crypto 1.0.0
  ranch 1.7.1
* Getting plug_cowboy (Hex package)
* Getting cowboy (Hex package)
* Getting plug (Hex package)
* Getting mime (Hex package)
* Getting plug_crypto (Hex package)
* Getting cowlib (Hex package)
* Getting ranch (Hex package)

サンプルコードを動かす

mixでつくられたプロジェクトファイルmy_plug.exのモジュールMyPlugに、つぎのテスト用の関数を定めます。

defmodule MyPlug do
  import Plug.Conn
  def init(options) do
    # optionsの初期化
    options
  end
  def call(conn, _opts) do
    conn
    |> put_resp_content_type("text/plain")
    |> send_resp(200, "Hello world")
  end
end

そして、mixプロジェクトをつぎのようにiexのセッションで開きます。

$ iex -S mix

Plugアプリケーションの中で前掲モジュールを動かすのがつぎのコードです。ターミナルからサーバーが起ち上がります。http://localhost:4000/のURLを開くと、ページに"Hello world"のテキストが示されるでしょう(図002)。これで、Plugアプリケーションが起動できました。

iex> {:ok, _} = Plug.Cowboy.http MyPlug, []
{:ok, #PID<0.208.0>}

図002■サーバーから開いたページにテキストが示される

elixir_plug_002.png

Elixir入門もくじ

番外
  • Elixir入門: Plugを使うには

Posted on by:

gumitech profile

gumi TECH

@gumitech

gumi TECH は、株式会社gumiのエンジニアによる技術記事公開やDrinkupイベントなどの技術者交流を行うアカウントです。 gumi TECH Blog: http://dev.to/gumi / gumi TECH Drinkup: http://gumitech.connpass.com

gumi TECH Blog

株式会社gumiのエンジニアによる技術記事を公開しています。

Discussion

pic
Editor guide